• 誰でも簡単・手軽に圧力分布をリアルタイムに可視化することができます。
    リーズナブルな価格と高耐久性でより身近にお使い頂けます。
  • 圧力分布に加え、圧力値、面圧中心点をリアルタイムに可視化することができます。
    簡単操作でデータの測定・管理が可能です。
  • タブレットやスマートフォンで数値版をご利用頂けます。
    無線化キットと表示端末はWi-fiで接続しますので、ケーブルを気にせずご利用頂けます。

2014年3月28日

SRソフトビジョン(無線版)を発売致しました。

2013年10月28日

SRソフトビジョン(数値版)を発売致しました。

2013年1月17日

SRソフトビジョン(分布版)を発売致しました。

  • 株式会社シーティング研究所
    代表取締役 木之瀬隆氏

  • シーティングでは車椅子クッション選定・適合において圧分布測定が基本となっています。
    また、クライアントの評価として座位能力評価、身体機能評価を行います。
    簡易に耐圧分布が測定できるSRソフトビジョンが開発されたことでシーティングの支援やベッド上での褥瘡予防がより進歩すると考えられます。一般的には圧分布測定装置は高価な精密機械として扱われてきましたが、SRソフトビジョンはリーズナブルな価格でパソコンがあれば誰でも簡単に体圧分布をみることができます。
    また、センサーシートも従来品は慎重な扱いが必要でしたが、このシートは素材もやわらかく伸縮性にすぐれており気軽に現場で使用できます。
    今後、リハビリテーションにおけるバイオメカニクス的な活用も広がることが期待されます。
  • 岡本宏二先生
    一般社団法人ふくしまをリハビリで元気にする会 理事長

  • リハビリ現場を中心に色々な場面で使用しています。
    その人にあった訓練や介護について検討する際に非常に役立っています。
    リアルタイムで非常に簡易に体圧分布状況がわかりますので、以下のような場面で役立てています。

    ① 姿勢保持、座位や立ち上がり状態の評価
    ② 褥瘡の予防
    ③ 変形による姿勢の状況評価や予防
    ④ 動作後の姿勢保持の状況変化評価
    (どのような動作がどのような効果があるのか?)
    ⑤ バランス反応の様子との整合性
    ⑥ 介護道具や素材の適応状態
    ⑦ 装具等のチェックアウト
    等々…

    まだ他にも用途はたくさんありますが、実際のADL(日常生活動作…例えば、食事や排泄や着替えや歩行等々)の様々な場面において、その動作の適応状態を測り工夫する一つの指標に使えると言うことが最大の利点です。また、セラピストが行っている訓練や、介護方法の適応について見直すきっかけとなります。臨床現場でリハビリや介護の可能性や結び付きの効果判断をするツールとしても有効です。

  • 〒143-8531
    東京都大田区大森西2-32-7
  • TEL: 03-3765-3228
  • FAX: 03-3766-5019

URL http://www.sumitomoriko.co.jp/product/health/